MENU

成年後見

成年後見 300x300

成年後見制度とは、精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申し立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。
これには民法に基づく法定後見と、任意後見契約に関する法律に基づく任意後見とがあります。

詳しくはこちら

遺言証書

契約 300x300

遺言とは,自分が生涯をかけて築き,かつ守ってきた大切な財産を,最も有効・有意義に活用してもらうために行う,遺言者の意思表示です。世の中では,遺言がないために,相続を巡り親族間で争いの起こることが少なくありません。しかし,今まで仲の良かった者が,相続を巡って骨肉の争いを起こすことほど,悲しいことはありません。

詳しくはこちら

遺産相続

遺産分割 300x300

相続が開始して相続放棄も限定承認 をしないで3カ月が過ぎると、単純承認したことになり、被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続人が相続分に応じて共同相続することになります。 
この遺産の共有状態を解消して、個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを、遺産分割 といいます。

久保泰正総合事務所のホームページにようこそ。

当事務所は、無料にて終活の法律相談ができる法律専門事務所です。葬儀会社の宣伝サイトではありません。

皆さんの日々の暮らしの不安を解消する為、貴方に合った人生の法律的な指針を一緒に考えて行きます。

上のメニューから、興味のあるものをお選びください!

不安の解消された生活は、毎日をもっと楽しくします。

※久保泰正総合事務所の詳しい地図はこちらです。

終活とは、
残りの人生を“どのように生きていきたいか”という望みを形にすること

「終活」とは人生の終わりに向けて、前向きに準備することで、今をよりよく生きる活動です。

世界一の長寿国である日本で、高齢化と少子化は進行し続け、また経済的にも厳しい現代で、自分のエンディングに不安を感じる人が多くなったことは事実です。同時に、仕事が忙しい我が子や孫に負担をかけたくないという思いを持つ人が増えたこともあり、生まれた言葉だと思います。

そんな不安から生まれた発想が今では、自分のエンディングまで自分の理想を考えることができるという楽しみや、我が子や孫に負担をかけずに済む安心感の方が大きくなり、「終活」という言葉は、「残された家族への思いやり」という意味に変わりました。

自分らしい最高のエンディングを迎えるために、まずはあなたのこれまでの人生を見つめ、これから残りの人生をどのように生きていきたいか思い描いてみましょう。未来の自分に期待が膨らみませんか?

就活のメリット

自分の気持ちを整理することが出来ます

モヤモヤした不安や、悩みなど、自分の中にあるものを全て出し、整理していく経過で気持ちがスッキリしてきます。
もちろん時間がかかる作業ではありますが、問題点や気になっていることが明確になることで気持ちが晴れていきます。体験者は「スッキリした」、「気持ちが前向きになってきた」と語ります。

ご家族、大切な方への負担を軽くすることが出来ます

終活は、残される家族や、大切な方へ伝えたいことを明確にしていくことや、現実的な問題としてふりかかってくる、葬儀の手配や相続の問題などの課題に対して、あらかじめ手を打っておくことにもなります。
そうすることで、ご家族や大切な方の経済的、心理的な負担を軽くすることができます。

今から”より良く生きていく”ための準備が進められます。

「自分の納得のいく人生を送った」という実感を持って、誰もが最期の時を迎えたいと考えています。 しかし、現実はなかなか難しいもので、思ったようにはいかないものです。
こういった実感を持って生きていくための活動が「終活」です。
普段、なかなか向き合えない、“本当にやるべきこと”、“本当にやりたいこと”を明らかにして、残りの人生を後悔のないように生きるための準備をしてみませんか?

このように、「終活」とは残される人たちに向けてのものでもありますが、 何より、あなたがよりよく生きていくためのものであると言えます。